スノボツアーで北海道に行くメリットとデメリット

subpage01

スノボツアーで北海道に行くと、美味しい料理が沢山出る、ナイターも可能、宿泊施設は温かいなどがメリットです。

スキー割安情報を検索しましょう。

北海道のゲレンデでスノボを思う存分楽しんだ後は、宿泊施設に戻り夕飯を食べることになります。
出される料理には地域で採れた野菜だけでなく、近くの海でとれたカニも出ることがあります。

特にカニは高級食材なことから、ツアーに参加したお客の中には、カニを沢山食べるのが目的で参加した人もいると思われます。



ただ、大食いをしてしまうと周囲の人達に笑われるので、程々にしておきましょう。

ゲレンデによっては、ナイターで滑ることができる場所もあります。
食後の運動にはうってつけなので、スノボで滑ってみるのも悪くないです。



あと、北海道は寒い地域ですが、宿泊施設内は暖房が効いているので温かいです。

宿泊施設に慣れすぎると、外出したくない気分になるのはよくある話です。数日宿泊予定の時は、1日くらいならのんびりしてもいいです。デメリットはお土産に何を選べばいいのかわからない、雪山への移動中は酔いやすいなどです。

お土産選びは寒い時期なので、食べ物を選んでも大丈夫です。


ですが食べ物は食べるとすぐに終わってしまうので、北海道でしか入手できない、伝統工芸品をお土産にするのも良い手法です。購入した品を家に持ち帰れば、その品で家族と雑談をすることもできます。
また、雪山への道は険しいので、バスで移動中は酔っても不思議ではありません。


遠くの景色を眺めたり、バスの中で目を閉じていれば対策につながります。